【仮説と検証】ユーザーインサイトを探るにはWeb施策がおすすめ

いきなりですが「ユーザーインサイト」という言葉はご存知でしょうか?

「ユーザーインサイト」とはユーザーの深層心理、つまり「人が何か行動に移す前の隠れた欲求」のことです。

例を上げるなら、暑い日は「アイスを食べたくなる」と答える人は多々いるでしょう。

ですが、この段階では「どのアイスが食べたい」といった具体的な欲求を持っている人は多くありません。

「どのアイスが食べたい」という欲求は、実際にアイスが売っているスーパーやコンビニといった店舗や売店に訪れた際、もしくはアイスを買いに向かっている最中に広告で見た「アイスのパッケージ」や最近、「テレビCM」で見た商品を思い出して「このアイスが食べたい!」となります。

ですから、自社のアイスを買ってもらうためには、早い段階で見込み顧客に対してアプローチすることが重要になってきます。

4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)への広告は、多くの見込み客にアプローチできる。でも・・・。

そこで、早い段階で見込み客にアプローチするためには「4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)といった広域で多方面にアプローチできるメディアが効果的」と考えるマーケッターの方や企業の上層部の方は少なくないと思います。

でも、4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)に広告を出せば、多くの人に商品を知ってもらうことができます。一方で、「広告を出したことによって、自社の商品がどれくらい売れたのか?」を正確に測ることは難しくなります。

そのため、4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)に広告を出したことによって、視聴者数や購読者数は増えたが「ROASやROIで考えたときに、効率的に広告を上手く使えているの」を正確に把握しきれていないことに、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか?

そして、何よりも冒頭にお話した「ユーザーインサイト」を探る上では、数値が見えない・実績が見えないことは致命的です。

なぜなら、数値化できないということは「どんば顧客が、どんなタイミングで、どんなことを考えている時に、どんな広告でアプローチしたらいいか?」というような仮説と検証が難しいからです。

「ユーザーインサイト」を知るためには、WEB広告が最適

では、どうすれば「ユーザーインサイト」を知ることができるのでしょうか?

その答えは、WEB広告を活用することです。

Web広告であれば、デモグラフィック(性別・年齢)・地域・時間・興味関心・購買シグナル・コンテンツなど、詳細なデータを24時間測定可能なため、競合他社よりも早い段階で自社の見込み客になり得る「ユーザーインサイト」を知ることができるようになります。

そして、自社の見込み客になり得るターゲットの「ユーザーインサイト」を深く知れば知るほど、TwitterやFacebook、純広告など無数のメディアの中から、自社の商品・サービスと見込み客にピッタリのメディアを見つけ出すことができるようになります。

まとめ

今後、様々な業界において自社の商品・サービスの購入に能動的なユーザーはもちろん、受動的なユーザーへのアプローチも競争が激しくなると考えられます。

その競争に打ち勝つためにも、WEB広告の最大の特徴である下記を活かして、自社の見込み客を深く理解しながら、広告効果を改善する取り組みを始めてはいかがでしょうか?

<WEB広告の主な3つの特徴>

  1. ターゲットを絞り込むことができる
  2. クリック型課金の広告は少額からスタートできて、予算調整が柔軟にできる
  3. 広告の成果を数字で把握することができる

実際、今、まずは効果が数字で計測できるYouTubeなどのWEB広告を出して「ユーザーインサイト」を数字で把握・理解してから、4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)への広告にお金を使うという企業が増えてきました。

「ユーザーインサイト」を把握しながら広告効果を高めていく手段として、マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)以外にもWEB広告を活用することをお勧めいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る