【広告代理店の種類】ってどんなものがあるの?

会社案内

広告をやりたいけど、どの広告代理店を使えばいいの?

新しく店舗を立ち上げるので、「事前に店舗OPENの告知を地域にしたい!」「新商品を発売するので大々的に広告をやりたい」など、各企業様毎に広告のニーズというのは、持っているかと思います。

しかし、現在日本には広告関連の事業者数としては9,193社※1 と非常に多くの事業者が存在していますし、色々な広告代理店から電話やメールにて毎日のように営業の連絡が来ているのではないでしょうか?

(※1経済産業省 平成27年特定サービス産業実態調査データより)

 

では、このような状況の中、自分のサービスに見合った広告代理店とはどれなのか??

 

弊社も広告代理店ではありますが、まずは広告代理店の種類にはどのようなものが、参考にしてもらえればと思います。

 

広告代理店の種類

 

1.総合広告代理店

テレビやラジオ、新聞、雑誌など所謂4マス媒体を中心にした広告の取り扱いが多い代理店となります。

上記の4媒体の取り扱いは多いのですが、「総合」と付くだけあって、上記の媒体以外にも交通広告(OOH)・PR広告・インターネット広告など、全広告媒体を網羅しているような形となります。

しかし、取り扱う広告媒体が多い分、会社として大所帯の企業が多く、複数の子会社・孫会社などが存在し、発注自体は一番上の親会社が行い、実施の広告の制作や運用・管理という所は下請けの会社が行っているという所が多いです。

ただし、テレビやラジオCMにはよく芸能人やタレントなどの起用が多くされており、総合代理店は芸能事務所とも深く繋がりがあるため、アサインも容易に行えるような形となっております。その分、コストも非常に高くなりやすい状況です。

 

2.専門(専業)広告代理店

総合広告代理店とは異なり、取り扱う広告媒体を特定の媒体に絞っている代理店となります。交通広告専門・新聞広告専門、最近良く名前を聞くのはインターネット関連の媒体をメインに行っているWeb専業代理店かと思います。

TVやラジオCMに関しては、TV局・ラジオ局との繋がりも必要になるため、あまりTV専門・ラジオ専門という代理店は聞きませんね・・・ありましたら、ごめんなさい。

専門(専業)というだけあって、各業界のエキスパートが集まっているため、提案やサポート内容もがっちりとした提案をしてくれる代理店が多いかと思います。

また、特定の媒体のみを扱っているため、媒体とのパイプも太いところも多く、媒体とタッグを組んで、その代理店だけの特別な広告枠を準備するケースもありますね。

 

3.ハウスエージェンシー型代理店

親会社やグループ会社が広告主となり、自社グループの広告のみを中心に扱うの広告代理店になります。基本的には自社グループの案件のみを扱うため、あまり外部の広告主の案件を扱うことはあまりありません。

しかし、ハウスエージェンシーの場合、人数が限られており、各種広告の知識が無いといった場合は、ハウスエージェンシーからさらに他の専業代理店に案件を依頼するというケースもあります。

 

大きくは上記のような3種類に別けられるかと思います。

 

それじゃ、実際にはどの代理店に依頼をすれば良いの?

まずは依頼をする前に、以下の項目をまとめておきましょう!

1.広告を行う目的(GOALの設定)

2.広告を掲載したい期間

3.広告予算

上記の3点がしっかり決まっていない広告主の方々は、上記の3つはしっかり抑えておきましょう。広告を行いたい商品や広告をやる目的が明確になっていない広告主の方も稀におりますが、これらが決まっていないと、広告代理店を決める以前に、広告費だけ無駄に払って、広告を出した分の成果が見合っているのかよくわからないといったケースに陥りやすいので、成果をしっかりと見ていくためにも上記の3点はしっかり決めましょう!!

上記の3点を決めた上で、広告掲載をしたい媒体から考えると、使う代理店も決めやすいかと思います。

地域密着型の小さなパン屋さんを始めたとします。最初は地元のお客さんの集客のために近所の方々にお店のOPENを知って欲しいというのであれば、まずは地元の「チラシをメインに扱う代理店」に依頼が良いかと思います。地元密着型ということで、その地元にどういった人が住んでいるのかも知っており、予算も比較的に安価に対応してくれるかと思います。

新規OPENも上手くいき、今度はお店のホームページを制作したいとなった際は、ホームページの制作会社でも良いですが、ここから「Web広告関連の専業代理店」に依頼しても良いかと思います。Web広告と言っても、Yahoo!やGoogleの検索結果に広告を掲載する作業だけでは無く、広告に使用するバナーの作成や、リンク先のホームページの作成も行っている代理店も非常に多くあります。また、広告代理店ではホームページの制作は行っていなくとも、複数の製作会社とのコネクションは持っているケースが多く、相談すると良い制作会社を紹介してもらえるケースもあります。

ホームページでの告知も軌道に乗り、そろそろテレビCMをやりたいとなった際には、「総合広告代理店」に依頼をしましょう。上記では総合広告代理店は大手が多いと記載しましたが、総合広告代理店の中には主にローカルのテレビ局の案件を中心に行っている代理店もあります。フジテレビや日本テレビなどの、所謂キー局と言われるテレビ局でのテレビCMは金額も高額になりやすく、大手広告代理店が中心になっていますが、地元のテレビ局などに関しては中小の総合代理店も取り扱うことが可能のケースが多くあります。そして、キー局と比べるとローカルテレビ局のほうが非常に広告費が安いというのもあります。

 

最後に

ちょっとストーリーっぽくなってしまい長くなりましたが、要するに、まずは今回の広告の目的を明確にし、ターゲットにしたいユーザー層はどこなのかをイメージし、そこが強そうな代理店を探すことが、広告費を無駄に使わず、広告費に見合った成果が出せるポイントかと思います。

今回は弊社なりの選定ポイントをまとめましたが、上記内容が少しでも参考になればと思います。

T.Y

T.Yメディアプランナー

投稿者プロフィール

2015年7月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る