【売上に繋がるコピーライティングの秘密】その7:「社会的証明」を使おう

今回は、セールスメッセージを強力にするために知っておくべき「見込み客の心を動かす」心理トリガーその7「社会的証明」について紹介します。

社会的証明とは、簡単に言ってしまえば「みんなが良いと言っているものは、良いように思える」という心理です。

有名な言葉で言えば「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という人間心理です。

アマゾンのレビューの力

僕はよくアマゾンで本を買うのですが必ず、これから買おうとしている本のレビューを読みます(星5つとか、星3つとかをつけて、コメントがが書かれているやつですね)

例えば、僕の場合、興味を持っている本のこんなレビューを見た日には、その場で即決です。

まとめ

社会的証明として最も効果的なものが「顧客の声」です。

多くの会社が不思議と、この「顧客の声」を定期的に集める仕組みを持っていません。

また、「顧客の声を」積極的に活用しようとする企業もそう多くはありません。

でも、あなたがどんなに声を大にして商品・サービスの良さを語ろうと「顧客の声」には到底、勝つことができません。

例えば、

「すでに36人の方には、すでにセミナーの申し込みをいただいておりますが、あなたからはまだです・・・」

ということにより「もうすでに36人も申し込んでいるぐらい、人気があるんだ〜。私も早く申し込まなきゃ」と見込み客に考え、感じさせることができるように、「社会的証明」の力を積極的に使っていきましょう。

追伸

今日、学んだ心理トリガー「社会的証明」をあなたは何に使いますか?

実践しないままの知識は錆びつきます。学んだ知識はどんどん使って、成果と知恵に変えていきましょう。

H.F

H.Fアカウントプランナー

投稿者プロフィール

2015年度入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る