しれっと増えたAdwordsの新機能「世帯年収」ターゲティングを活用しよう!

Adwordsの新機能、皆さんご存知ですか?

皆さんは、リニューアルしたGoogleAdwordsの管理画面を活用していますか?
私はついつい旧管理画面を使いがちですが、春には完全移行するといわれているので、慣れないとダメですよね・・・。

私も含め、まだ敬遠しがちな方が多いリニューアルしたGoogleAdwordsの管理画面ですが、実は色々な新機能がしれっと実装されているんです!

今回はその中でも「世帯年収」に基づいたターゲティングをご紹介いたします!

※正確に言うと米国では結構前に実装されており、日本では地域ターゲティングを設定する際に「閲覧」することは出来てたみたいですが、デモグラターゲティングとして実装されたのが最近みたいです。

実際に管理画面を見てみよう!

リニューアル管理画面のメニューで「ユーザー属性」という項目がありますので、そこをクリックしてみましょう。

「年齢」「性別」などの見慣れた項目と一緒に、「世帯年収」という項目が追加されていますね。中を見ると、訪問客を年収別で以下のように区分しているのがわかります。

・上位10%
・11~20%
・21~30%
・31~40%
・41~50%
・下位50%
・不明

Googleさんが選別した、年収上位10%・・・何とも良い響きですね・・・。

それはともかくとして、上記それぞれの数値を確認することができます。

実際どんな感じでターゲティングを確認できるの?

アカウントの一例を見てみましょう。

例えばこのアカウントの数値を見てみると

・上位10%
・41~50%

上記の年収範囲のコンバージョン単価が良い結果となっておりますので、さらに獲得を増やすために入札比率を30%上げております。

逆に

・31~40%

上記の範囲はコンバージョン単価が高騰してしまっていますので、入札を抑制しております。

このように年収の範囲によって入札を強めたり、弱めたり出来るので
年収の高い人には高価な商品のプロモーションを行い、年収の低い人には安価な商品のプロモーションを行う等、さらにターゲティングの枠が広がりますね。

実は「人」ではなく「地域」のターゲティングの可能性あり?!

但しこのターゲティング、どうやら個々人の年収データに基づいたターゲティングではなく「地域別の平均年収」でのターゲティングであるとの情報もあるそうなので、注意が必要となります。

“Target locations by demographics to reach groups of people based on their location’s approximate average household income. Based on publicly available data from the US Internal Revenue Service (IRS), advertisers are able to target ads to certain areas according to their average household income.

米国のヘルプに記載されているという文章を直訳してみると

「広告主は、米国内国歳入庁(IRS)の公的利用可能なデータに基づいて、平均所得に応じて特定の地域に広告を掲載することができます」という記載があるようです。
参考ページ:How to target high-income consumers with AdWords | Search Engine Watch

なので、「平均年収が低い地域」に在住している「年収が高いユーザー」へも配信される可能性がある点を、留意しておく必要がありますね。

今後も様々なターゲティング手法が出てきて、そのたびにターゲティングの精度も向上していくと思いますので、皆さんも新機能を積極的に使用して、効果的な運用を目指しましょう!!

J.T

J.Tメディアプランナー

投稿者プロフィール

2016年12月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る