動的検索広告(DSA)を使えば、楽に、すぐに、効率よく成果が出せる?

Google動的検索広告ってどんな広告なの?

広告に携わっている方なら一度は耳にしたことがあるであろう動的検索広告。

GoogleだとDSA(Dynamic Search Ads)とも呼ばれていますね。

※Yahooさんでは、DAS(Dynamic Ads for Search)と呼ばれていて、若干紛らわしいですが・・・w

聞いた事があるけれども、今いち内容がよくわからないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな方のために、事例を踏まえてご紹介いたします。

キーワードも広告文もLPも、自分で考えてくれる凄いやつ

DSAの設定はいたって簡単です。

管理画面上で対象のページ、もしくはサイトを指定すれば、自動でクローリングを行い、自動でキーワード・広告文を作成し、リンク先まで選んで掲載してくれるのです。

膨大な商品・サービスを持つECサイトだと、商品ごとにキーワードや広告分を考えて入稿をしないといけないですがDSAを使えばそんな手間もなくなります。

広告文に関しては、汎用的な一文だけ作成する必要はありますが、それさえ作ればタイトル等はLPの内容を自動で読み取って作成してくれるんです。

LPに関しても、サイトを設定しておけば、配下ページの中で最適なページを選んでくれます。

 

メリット/デメリットは?

メリットは以下になります

・キーワード・広告文を考える手間がなくなる(LPも自動選定してくれる)

・入稿が簡単(1パターンの汎用広告文だけでOK)

・自分では気づけなかった有効なキーワードの発掘に繋がるかも!

 

逆にデメリットは以下となります。

・広告文は自動生成だから、意図しない広告文が出ているかも

・キーワードも自動生成なので、意図しないキーワードで掲載されるかも

・LPも自動選定なので、もしかしたら意図していないページにリンクしているかも

・キーワードごとの入札調整が出来ない

一番のメリットは、やはりキーワードや広告文を考えたり入稿したりする手間がなくなる事でしょうか。運用する上で、一番肝心なところであり、一番手間がかかるところですからね・・・。

また、様々なテールワードの発掘にも役立ちます。成果の良いキーワードが出てきたら、それは別途で完全一致で登録して運用すれば、さらに全体の効率が良くなりそうですね。

ただし、記載した通りデメリットの部分もございますので注意が必要です。

不必要な情報が載っているページや不必要なキーワードは、最初に精査して除外してしまった方が良いかもしれないですね。

 

実際の効果ってどうなの?

実際の効果に関しては、サイトの内容だったりトレンドによって異なってしまいますが、私の担当したアカウントに関して、Google動的検索広告を導入した事例をご紹介いたします。

★事例★

・クライアント:某ECサイト

・成果地点:会員登録

・開始前平均CPA:Google検索広告で大体1,000円程度

・DSAキャンペーン単体のCPA:大体159円(!!)

 

( ゚д゚) ?・・・ (つд⊂)ゴシゴシ ・・・(;゚ Д゚) …!? 

 

件数自体はそこまで多いわけではないですが、恐ろしい数字が出ていますね・・・。私もビックリしてコンバージョン設定が正しいかどうか思わず確認してしまいました。

(もちろん正しく設定されておりましたよ!)

キーワードを実際に確認したところ、地方名や商品名の掛け合わせ等、かなりのテールワードを拾ってきてくれていて、それが上手くコンバージョンに繋がったみたいですね。

もちろんアカウント差はあるかもしれないですが、簡単で楽に成果を出せる(かもしれない)動的検索に是非ともチャレンジしてみてください!!

J.T

J.Tメディアプランナー

投稿者プロフィール

2016年12月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る