デザインの「基本原則」とは?

ご存知ですか?デザインの4原則

今回は、基本中の基本ではありますが、デザインの4原則を紹介します。
デザイナーではない人も、企画書や、スライドを作成する機会があると思います。
そんな場合に、この4原則を使用すれば、見やすいレイアウトで
効果的な「伝わる」資料を制作することが可能となります。

1.近接…関連するものをまとめる。

情報や要素がバラバラだと、どこから見たらよいか伝わりませんね。
近接とは、関連する項目をまとめてグループ化すること。
逆に関連のない情報は遠ざけて配置する原則です。

下の図のBeforeでは、イメージ画像に対する文章が上下どちらなのかが
わかりにくくなっています。
Afterのように、類似する項目を近づけて配置することで、閲覧者は直観的に
関連性を理解してくれます。

 

2.整列…全体の配置を整理すること。

整列とは、関連する項目をその名の通り揃えることです。
整列させると視覚的な調和が生み出され、見た目もキレイになります。
整列を用いることで要素が離れていても見えない線が生まれ、各項目が結びつけられるようになります。

 

3.反復…関連するものを繰り返すこと。

反復とは、同じデザイン上の特徴を繰り返すことです。
同じデザインが繰り返し使われることで「統一性」が生まれ、作品自体にリズムが生まれ整った印象になります。

 

4.コントラスト…メリハリ、強弱をつける。

コントラストとは、それぞれの異なる各要素の見た目の違いをはっきり際立たせることです。
視覚的な面白さを加えることでもあり、時には大胆にメリハリを
つけることも大切となります。
下の図のように画像の大きさや文字の扱いを変えることで、
情報の重要度に順位をつけることができ、伝わるデザインとすることができます。

 

原則を守れば、デザインは強くなる

以上、デザインの4原則をまとめてみました。
プレゼンなど提案の際に、企画や内容はしっかりしていても、伝わらないデザインではもったいありません。
日ごろ各デザインを見ていても、よいデザインだと感じられるものは上記4原則が用いられているのがほとんどです。
とはいえ、4のコントラストを強くしすぎると3のデザインの反復性・統一性が失われたりもしますので、全体的なバランス感が必要ですね。

T.K

T.Kデザイナー

投稿者プロフィール

2017年11月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る