広告代理店で働く人あるある~WEB広告のターゲティングについて~

みなさん。こんにちわ!

人生を楽しく過ごすために、広告代理店であくせく働くトミーです。

今回は、身の回りにたくさんある”あるある”ととも「広告」をご紹介させていただきます!!

あれも、これも広告って知ってた!?

みなさんの回りにはたっくさんの「広告」があふれています。

テレビCM、新聞広告、チラシ、電車の中吊り、ビルの外壁…上げ始めるとキリがないですが、全部「広告」です。

「広告」という言葉を辞書で調べてみると以下のように書かれています。

”広く世間に知らせること。特に、商品や興行物などを広く知らせ、人の関心を引きつけること。また、それを記したものやコマーシャル”

なるほど、どおりで私たちの生活の中にあふれているわけです!

では、インターネットやWEBの世界に絞って「広告」を見て見ましょう。

検索すると出てくるコレ!

これ全部「広告」です!みなさんが検索したときに出てくるアレです。

ネットサーフィン中に見かけるコイツ!!

そうです。このバナーも全部「広告」なんです!

ツイッターやフェイスブックでよく見るアイツ!!!

もうみなさんお気づきですね!そうです!これも全部「広告」です。

どうでしょう。職場でPCを見ているときの”アレ”も、通勤時間にスマホで見てた”アレ”も全部「広告」なんです!

実はあなたのことはリサーチされていますっ!さらにストーキングされてますよっ!!

決して怖い話ではありません。驚かせてしまったらすみません。

ここで「インターネット広告」の優れた才能をご紹介したいと思います。

それはテレビCMや看板広告などよりも、個々に向けたアプローチが得意だということです。

冒頭にあったように”広く世間に知らせること”が「広告」であり、”人の関心を引きつけること”もまた「広告」なのです。

興味・関心が丸裸に!!

こんな経験ありませんか?

ネットショッピングおいしい食品でも買おうかなと思っていたら、

スイーツやら、ギフトやら、レストランやらの広告をよく見るようになる。。。。

それは、わたしのことを「グルメ」に関心がある人とカテゴライズされたことにより、

関連する広告にアプローチされている結果なのです!

わたしのこと、完全に食いしん坊だとリサーチされています(笑)

なんか、コレよく見るぞ??

一度、訪れたホームページのバナーをよくみることありませんか?

ちなみにわたしは、興味本位で覗いたJeepのバナーによく遭遇します。

これは、わたしがホームページを訪れた際に、マークをつけられて、あらゆる機会に「広告」が追っかけ回しているのです。

んんん!わたしの個人情報もれてない?

ご心配はございません。あなたの個人情報がもれることはございません。

ただ、わたしが埼玉在住の30代の女性で、まだ結婚していないということは、ばれています!

※フェイスブックの広告はユーザーが登録する情報に基づいて配信されています。

お客さんのことを知れば、販促手法も分かる!

ここまで広告の種類や、配信される方法を簡単にご紹介しました。

「インターネット広告」のターゲティングがどれだけ優れていて、ユーザーへの接触機会が非常に多いことが分かったと思います。

もし、あなたが、自社の商品やサービスを売る販促担当者や、宣伝担当者である場合、まずはお客さんのことをよく知ることからはじめてみましょう。

お客さんがどんな人か書き出してみる。

まずは、商品を買ってくれるお客さんがどんな人なのか個人像を把握しましょう。

男性なのか?女性なのか?

若い世代なのか?年配の方なのか?

子供はいるのか?車は持っているのか?持ち家に住んでいるのか?

旅行が好きか?おしゃれが好きか?スポーツが好きか? まずは、お客さんのことを想像してみましょう!

お客さんをよく知ることが、販促の第一歩です!

WEB広告のターゲティングについて

・まずはWEB広告を知る!
・食べず嫌いはよくありません、触れてみて知ってみることが大切!
・まずは自分がどのようなターゲティングをされているか分析してみましょう!
・どんなお客さんにサービスや商材を利用してもらう、買ってもらうのかイメージを強く持ちましょう!
・その上で、WEB広告始めて見ませんか?

ご清聴ありがとうございました

A.T

A.Tアカウントプランナー

投稿者プロフィール

2013年1月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る