twitterのフォロー&投稿キャンペーンにはweb intentを使おう!

フォロー&リツイート/投稿キャンペーンやっていますか?

弊社ではキャンペーンの拡散と認知目的のプロモーションの評価指標としてSNSを用いたフォロー&リツイート/投稿キャンペーンを実施することが年々増えております。

ただ、twitterやinstagramは基本的にはアプリ上で操作するもので、ウェブからの特定アプリの立ち上げ、もしくはリアル媒体からのフォロー画面への遷移に悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

サイト内であれば適当にリンクを書くだけでアプリを立ち上げてくれることもありますが、特に紙ものからQRコードを読み込むような形での誘導は注意が必要です。

そこで今回はtwitterとinstagramにおけるフォロー&リツイート/投稿キャンペーン時にリアル媒体で告知する場合の弊社なりのお勧めのリンクの張り方をお教えいたします。

同じリンクなのにアプリではなくWEBサイトが立ち上がる?

同じURLを記載していてもブラウザとQRコードアプリで挙動が異なることがあります。
こちらはUAを読み取ってサイト側でリダイレクトをかけてアプリに飛ばしているのだと思いますが、すべてのQRコードリーダーのUAを把握しているはずがないのでWEBサイトに遷移してしまうパターンがあります。

そんな際に便利なのはWEBINTENTです。
以下のように挙動も指定した状態で遷移することが可能です。

twitter フォローサンプル

twitter 投稿サンプル

フォローをさせたい場合は/intent/followを使います。
パラメータとして以下を指定可能です。
screen_name
user_id
screen_name

また投稿をさせたい場合は/intent/tweet
パラメータとしては以下を指定可能です。
text
url
hashtags
via
related
in-reply-to

リツイートをさせたい場合は/intent/retweet
パラメータとしては以下を指定可能です。
tweet_id

こちらは通常のURLと特に変わりませんのでbitlyなりgoogle url shortnerなりでQRコード化してもらえれば紙に印刷していてもうまくアプリ誘導できる(ハズ・・)

一方で厄介なのがinstagramです。

ウェブインテントはありませんのでURLschemeを使うのが一般的ですが、httpから始まるアドレスでないとbitlyやgoogleでQRコード化が出来ません!

そのため別サーバをたてて一度そちらに誘導を行い、リダイレクトとしてURLschemeに遷移させるのが良いかと思います。
(端末内にアプリがない場合の挙動をどうするかは考えなければなりませんが・・)

尚、URLschemeでは以下のように記載します。

■フォローさせたい場合
instagram://user?username=”xxxxx”

■アプリを起動しカメラを起動させたい場合
instagram://user

いかがでしょうか。特に印刷周りのデザインをされる方にアプリ周りの知識を求めるのも少々酷かと思います。
連携して良いプロモーション作っていきましょう!

J.H

J.Hメディアプランナー

投稿者プロフィール

2009年11月

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookページ

アドイロのSNS


記事のアーカイブ

ページ上部へ戻る