【スポーツ大好きサラリーマン、OL必見】 簡単にできる体幹トレーニング! ~通勤編~

仕事が忙し過ぎて、仕事帰り・会社帰りにジムやフィットネスに行けない??

仕事帰り、会社帰りにジムやフィットネスへ行って筋トレや体を動かしてリフレッシュしようと思っても、疲れちゃってたり忙しくて時間がないから後回し、そんな事になってませんか?

・家庭を持っていれば奥さんor旦那さんの目が気になってすぐ帰宅しなきゃいけない。

・突然の残業が入ったりして、時間がない。

・仕事が終わって、体力0で行く気力がない。

こんな事を思ってる方は少なくないのでは無いでしょうか??

そこでお聞きしたい!実際、ご覧頂いている皆さんの中で通勤に車を利用している方はどれくらいおられますか?

中には、通勤に電車を使い、かなりの時間を掛け通勤されている方も多いのではないかと思います。もし、片道1時間近くかかっているなら往復で2時間もの時間を電車内で過ごすことになります。みなさんはその時間を有効に使っていますか?

今回この記事では、通勤電車時間を有効に使って、引き締まったボディに効果のある簡単にできる体幹トレーニング方法をご紹介し、是非ご参考にして頂ければと思います。

通勤電車内をちょっとしたジム代わりにして、できる体幹トレーニング法5つ!

1.手すりを持っての「ふくらはぎ」のトレーニング

電車内の手すりにつかまって下さい。ゆっくりふくらはぎに力を入れて、ゆっくりかかとを軽く上下させましょう。10回×3セット(インターバル目安:1分弱)

これだけで「ふくらはぎ」の筋肉に効果があり、スポーツであればフットサルや陸上などの瞬発系、女性であれば美脚効果が期待できるので、おススメです!

2.つり革を使っての「ふくはらぎ」のトレーニング

電車内のつり革につかまって下さい。足を軽く交差し、つま先立ちをしましょう。こちらもゆっくりかかとを軽く上下させましょう。10回×3セット(インターバル目安:1分弱)

こちらは「ふくらはぎ」の筋肉に効果+気になる「足のむくみ」解消がが期待できるので、おススメです!

3.座席に座っての「太もも」のトレーニング

電車の座席に座って下さい。両足を揃えてゆっくり床から離しましょう。足はかかとを突き出すようにし、おへそから指3本下にある丹田を意識してゆっくり10秒静止する。その後にそっと足を下ろす。10秒を3回×3セット(インターバル目安:1分弱)

これだけで、太ももを引き締めることができ、さらに脂肪燃焼効果もありますので、下半身の全体の引き締め効果も期待できます。

4.座席に座っての「腹筋」のトレーニング

電車の座席に座って下さい。猫背にならないように姿勢を正しくキープします。お腹に力を入れて腹筋を意識しながらゆっくりと10秒膨らませます。その後にゆっくりと10秒かけてお腹の力を入れながら凹ませます。いずれも力を抜くのではく、入れながらがポイントです。10秒を3回×3セット(インターバル目安:1分弱)

こちらでは、腹筋が鍛えられ、おのずと脂肪も燃焼されてきます。姿勢もよくなり猫背が解消も期待できます。

5.何もつかまらずに、立ってるだけでできる「バランスコア」のトレーニング

1番シンプルかつ効果のあるトレーニングです。※満員電車あるいは空いている電車内で有効です。

つり革や手すりなどにつかまらずに、揺れる車内で立ちます。つま先をやや外側に開き、からだは余計な力を抜いて、膝と腰でやさしくバランスをとるようにしましょう。足の裏の感覚と丹田を意識してバランスをとりましょう。

揺れる車内で体幹・バランスを意識してからだ全体を使って立っておくだけの方法ですが、代謝量が増し、脂肪燃焼効率が格段にアップするので、痩せやすいからだ、からだ全体を引き締めることができます。

最後に

通勤に限らず、電車を利用するときに、上記はいつでも行えるトレーニングです。これなら普段デスクワークしかしていない人や、多忙でトレーニング時間を取りづらい人でも実践できるのではないでしょうか。毎日の小さな積み重ねが代謝刺激となって、大きな効果と表れてくるでしょう!

これでジムやフィットネスに行って筋トレする時間がなくても、通勤時間を使って健康的なカラダを作りあげることができるでしょう!!

T.N

T.Nメディアプランナー

投稿者プロフィール

2016年4月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る