そもそも、デザインとは何だ?

デザインとは何か?

突然ですが、皆さんはデザインと聞いて、何を思い浮かべますか?

広告?ファッション?設計?デザイナーがつくるもの?

普段、何気なく使っている言葉ですが、

そもそも「デザイン」とは何なのか?

基本に立ち返って、しっかりと考えてみましょう。

デザイン

《名・ス他》設計。図案。意匠。また、製品の機能や美的造形を考慮した意匠計画。

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味の
ラテン語designareである。
また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、
それを様々な媒体に応じて表現することと解される。

wikipediaより

wikipediaによると、デザインの語源はラテン語より来ていたんですね。

なかなか難解ですが、デザインには様々な意味が含まれていることはわかりました。

考えてみれば、世の中のものはすべてがデザインされたものです。

今見ているスマホも、触っているキーボードも、毎日乗る電車も、電光掲示板も、着ている服も靴も、身の回りのもの全てですね。

私たちはデザインに囲まれて生活しているということです。

デザインは「気づき」を与えてくれたり、気分を高揚させてくれたり…。

よい影響を与えるものが大半ですが、逆に悪い影響を与えるもの、よくないデザインもあります。

それでは、「良いデザイン」とは何か?

デザイナーによってこの答えは変わってくるものを思いますが、最大公約数的に考えれば、

優れたアイデアによって

「課題を解決できる」ものがよいデザイン

だと言えるのではないでしょうか。

「デザインは方程式」

以前、そう言った方がいました。

グラフィックデザインにおいてですが、

文字の配列、配色、何を大きく打ち出し、何を伝えるのか。

クライアントの要望を叶えるのに、もっとも効果的なデザイン、最適な組み方は存在し、

それは法則に基づいて行うものだ、という意味ですね。

出来なかったことを、出来るように

持ちやすいコーヒーカップや、スラスラ書けるボールペン、情報が整理されたホームページ…。

駅ホームの点字ブロックだって公共デザインです。

以前は出来なかったことが、出来るようになる。

これがデザインであれば、とても力を持ったものですね。

私もデザインにかかわる仕事をしています。

業界の隅からではありますが、世の中により良いデザインを発信できるよう、「デザイン」の意味を噛みしめながら日々勉強していきたいと考えています。

T.K

T.Kデザイナー

投稿者プロフィール

2017年11月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookページ

アドイロのSNS


記事のアーカイブ

ページ上部へ戻る