Google Adwordsの「品質スコア」を決める3つの要因

はじめに

Google Adwordsを運用するうえで、考慮すべき指標の一つとして「品質スコア」というものがありますよね。

今回は、こちら「品質スコア」の仕組みについて、そして実際の運用上、よくある誤解についてお話していきたいと思います。

 

 

「品質スコア」とは?

「品質スコア」は、

Google Adwordsのアカウントのキーワード毎に10段階(1 ~ 10 段階評価)で表示される、

広告の品質を表す指数となります。

 

簡単にいうと、

”この広告がユーザーにとって有益なものなのかどうか”

を数値化したものになります。

Googleの「ユーザーファースト理念」が感じられるところですね。

 

 

「品質スコア」を高めることで広告コストが抑えらえる?

Googleの公式サイトでは、「品質スコア」について下記のように記載されています。

品質スコアとは、広告やキーワード、ランディング ページの品質を表す指標のことを指します。

品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます。

(参照)Google Adwords ヘルプ:品質スコアとは

 

こちら「品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます」という部分ですが、

こちらの理由に関しましては、

広告掲載順位を決める「広告ランク」は、「入札単価」と「品質スコア」によりその値が決まってくるからです。

 

簡単な式で表すと、このようになります。

広告ランク = 入札単価 × 品質スコア

(参照)Google Adwords ヘルプ:広告ランク

 

「品質スコア」が競合より低い場合は、競合と同じ金額で入札しても、広告掲載順位で負けることになります。

言い返せば、

品質スコアが高いと、その分競合より安い入札単価で広告が配信できるのです。

なので「品質スコア」は広告コストに影響を与える重要な要素の一つなのです。

 

 

「品質スコア」を決める3つの要因

「品質スコア」は、基本的に過去のデータに基づいて決定され、

キーワードにまだ十分なインプレッションやクリック数がついていない場合は、品質スコア欄には「ー」と表記されます。

 

「品質スコア」は下記の3つの要因によって決まります。

 

①「推定クリック率」

Googleの公式サイトでは、「推定クリック率」について下記のように記載されています。

特定のキーワードに対して表示された広告がクリックされる可能性を示すキーワード ステータスです。

広告の掲載順位、広告の見た目に影響を及ぼす広告表示オプションやその他の広告フォーマットとは関係なく決まります。

(参照)Google Adwords ヘルプ:推定クリック率とは

 

ここで注意ですが、

「推定クリック率」は、Googleのシステムによって”推定”されたクリック率であり、「現在のクリック率」ではありません。

なので入札を強化し、広告を上位表示させることでクリック率が上がったとしても、品質スコアは直接的には影響されません。

 

②「広告の関連性」

Googleの公式サイトでは、「広告の関連性」について下記のように記載されています。

キーワードと広告の関連度を示すキーワード ステータスです。

このステータスは、キーワードと広告内のメッセージがどの程度合致しているかを示します。具体的には、広告主様のキーワードを使用した検索で表示される広告が、ユーザーが探している内容と直接関係しているかどうかなどです。

(参照)Google Adwords ヘルプ:広告の関連性

 

こちらは字のごとく、

「ユーザーが検索したクエリに対し、広告分の内容がどれだけマッチしているか?」

についての指標となります。

 

③「ランディングページの利便性」

Googleの公式サイトでは、「ランディングページの利便性」について下記のように記載されています。

広告をクリックしたユーザーにとって、ウェブサイトのランディング ページがどれくらい有益で関連性があるかを表す指標です。

通常、この評価が高いランディング ページでは情報が整理されており、ユーザーの検索語句に関連したコンテンツが掲載されています。

(参照)Google Adwords ヘルプ:ランディングページの利便性

 

こちらはランディングページ全般の評価指標です。

・ランディングページの使いやすさ

・分かりやすい有用な情報

・読み込み速度

など、様々な要因が関係してきます。

 

 

「品質スコア」を上げるには?

①広告文の見直し

LPとの高い関連性を持っている(キーワードや文言を含むなど)広告文にすることで、

よりLPの内容と関連性の高いユーザーに訴求することができます。

これによってGoogle側は、「このLPはユーザーにとって有益」という判断を下しやすくなります。

 

なお、広告文のクリック率を上げることも有効な施策だと言えます。

「品質スコア」を決める3要素の一つである「推定クリック率」は、過去の掲載結果データに基づいており、

現時点でのクリック率には影響されないと上記で述べましたが、

広告の品質を評価するうえで「クリック率」は、Google側にとって重要な判断材料となります。

クリック率を上げ、将来の推定クリック率を上げることに損はないでしょう。

 

②LPの最適化

LPの読み込み速度、エントリーフォームの使いやすさは、実際ユーザーにとってかなり重要な要因となります。

最近「AMP」や「PWA」なども話題になっていますように、基本的にGoogleはユーザーの利便性を高められるよう、EFO(Entry Form Optimization - エントリーフォーム最適化)を推奨しています。

 

③アカウント構造の見直し

品質スコアは「キーワード」毎に付与される指数ですが、Google側で公表しているアカウントの最小単位は「広告グループ」となります。キーワードのマッチタイプ毎に広告グループを分けたり、違う広告グループ同士で入札がぶつかるのは望ましくありません。

 

要するに、無駄に広告グループを増やさない方が良い、とのことですが、

こちらはGoogle社の基本推奨設定の考え方に基づくものです。

 

GoogleはAIの機械学習を利用した自動入札機能の導入を全面的に推奨しており、

自動入札機能の導入を前提とするアカウント構造を推奨しています。

こちらに関しましては、下記記事をご参考ください。

 

Adiro記事:~Hagakure構造を理解しよう~

 

 

まとめ

今回はGoogle Adwordsの「品質スコア」を決める3つの要因についてお話しました。

 

「品質スコア」は、様々な数値と要因の組み合わせによって算出される値です。

1から10までの10段階表記とはいえ、たとえ同じ10でも、その裏ではGoogleのアルゴリズムが常に動き、実際に同じ値になる場合はほとんどないと言われています。

 

なかなかコントロールしにくいところもありますが、品質スコアの仕組みを正しく理解し、是非日々の運用に活かしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

Facebookページ

アドイロのSNS


ページ上部へ戻る