【GDN】スマートディスプレイキャンペーンで成果改善!?

2017年4月にフルローンチされたGoogleAdwordsの新機能「スマートディスプレイキャンペーン」はご存知でしょうか?

今回はこのSDCの仕組みと効果についてご紹介したいと思います。

スマートディスプレイキャンペーンとは?

スマートディスプレイキャンペーン(以下SDC)とは、①入札、②ターゲティング、③広告作成の3つが自動化されたGoogleAdwordsのディスプレイ広告向け機能です。
自動化機能を十分に機能させるため、SDCの使用には過去30日間にディスプレイネットワークで50回以上(または検索ネットワークで100回以上)のコンバージョンを獲得している必要があります。

①入札の自動化

目標コンバージョン単価に基づき入札単価が自動調整されます。
この部分に関してはこれまでの自動入札機能と同じですね。

②ターゲティングの自動化

SDCでは大きく分けて2つの切り口からターゲティングが自動で最適化されていきます。

1.自動リマーケティング

広告主のウェブサイトを訪れたことのあるユーザーに対して自動で広告が配信されます。
通常のリマーケティングのようなユーザーリストの作成は不要ですが、リマーケティングタグの設置自体は必要ですのでご注意ください!

2.自動ターゲティング

もう1つのターゲティング手法は「コンテンツターゲティング」と「オーディエンスターゲティング」を組み合わせたものになります。
それぞれのターゲティングについての詳細な解説はここでは省きますが、要するに「広告(商品)と関連度の高いサイト」や「広告(商品)に興味を持つユーザー」を自動で探し出し、広告を表示します。

これまでの自動ターゲティング機能(ターゲティングの慎重な拡張/ターゲティングの積極的な拡張)との最大の違いは、これまでの自動ターゲティング機能があくまで「拡張」機能であり、元となるターゲティングは手動で設定する必要があったのに対し、SDCにおける自動ターゲティング機能は初期のターゲティング設定も含めて全て自動化される点ですね。

③広告作成の自動化

SDCでは配信される広告も自動で作成されますが、正確には画像やテキストが全て自動で生成されるわけではありません。
画像やテキストをそれぞれ予め入稿しておき、その組み合わせが自動で最適化されて配信されます。
スマートディスプレイキャンペーンの入稿規定

スマートディスプレイキャンペーンの効果は?

さて、入札もターゲティングも広告作成も自動化と、なんだかすごいことが書いてありますが実際のパフォーマンスが気になるところですよね!
フルローンチ以降、弊社内のアカウントでも積極的に取り入れてみました。

その結果は・・・

上手くいくアカウントとそうでないアカウントが明確に分かれる形となりました。

上手くいかないアカウントでは「CPAが合わない」と言うよりは、「CVがほとんど上がらない」といったケースがほとんどでした。
逆に上手くいっているアカウントでは・・・
週別のコンバージョン数推移
このように、既存のディスプレイ広告に迫るパフォーマンスを上げているアカウントもあります。
上記のアカウントではCPAも目標値以下で獲得ができています。

有効活用できるアカウントとは・・・?

上手くいったアカウントとそうでないアカウントを比較すると、SDC導入以前にディスプレイ広告にてどの程度獲得ができていたか、に違いがあることが分かりました。

■上手くいったアカウント
SDC導入前から「コンテンツターゲティング」「オーディエンスターゲティング」を活用できており、一定の成果をあげていた。

■上手くいかなかったアカウント
SDC導入前はディスプレイ広告はほとんど活用できていない、もしくは「リマーケティング」のみ。

上記の通り、SDC導入前にディスプレイ広告を活用できていない、もしくは「リマーケティング」で月に数件のコンバージョン・・・といったアカウントではSDCを導入してもあまり成果につながらず、逆にSDC導入前から「リマーケティング」以外のターゲティングでも一定の成果をあげられていたアカウントではパフォーマンスを大きく伸ばすことができていました。
(あくまで弊社内での傾向です)

まとめ

スマートディスプレイキャンペーン(SDC)とは入札・ターゲティング・広告作成の全てが自動で行われるGoogleAdwordsのディスプレイ広告向けの機能になります。
このSDCはとくに「コンテンツターゲティング」や「オーディエンスターゲティング」を既に活用しているアカウントでより成果をあげやすい傾向があるので、これにあてはまるようなアカウントをお持ちの方は是非活用してみてください。

参照元 Adwordsヘルプ:スマートディスプレイキャンペーンについて

K.M

K.Mメディアプランナー

投稿者プロフィール

2016年4月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookページ

アドイロのSNS


記事のアーカイブ

ページ上部へ戻る