デザインディレクションの「4つのポイント」とは?

正確にデザインの意図を伝えるために

ディレクターとして、または営業としてデザイナーに制作物を作ってもらう際に、どうしても解釈の齟齬が生まれ、意図と違ったものが仕上がってしまう場合があります。

期限が迫るなかでこんなはずじゃなかった!と焦ることのないよう、デザインを依頼する際に気をつけるべきポイントをまとめてみました。

1.情報の共有は文字におこす

「訴求ポイントは〇〇だからターゲットは〇〇代で、広告の目的は〇〇で」
このように打ち合わせの際で口頭だけで伝えてはいないでしょうか。
面倒ではありますが、「仕様書」や「設計書」を作成し、
・広告コンセプト
・商品の強み
・ターゲット
・メインキャッチ
・制作スケジュール
などを資料化(文字化)することをオススメします。
口頭だけでは記憶があいまいとなった際、ズレたデザインとなってしまいます。
デザイナーがいつでもコンセプトに立ち返ることができるように、文字起こしは重要であるといえます。

2.参考のデザインは要素ごとに分ける

例えばランディングページを作るなら、このサイトのような雰囲気で、とデザイナーに渡すことがあると思います。
その際には、
・全体の構成・コンテンツ内容はAのサイト
・写真のレイアウトはBのサイト
・全体のトンマナ、雰囲気はCのサイト
・フォント使いはDのサイト
のように、各要素ごとに分けると当初のイメージと近いものがあがってくる確率が高まります。

分ければ分けるほど丁寧ですが、あまり情報を与えすぎるとデザイナーが混乱することもありますので適度な匙加減が必要となるかもしません。

3.全てのデザイン要素に「意味」があるか確認する

では実際にデザインが仕上がってきたときに、デザイナーに確認してみましょう。
・どうしてこのレイアウトなのか?
・どうして資料請求ボタンはこの形なのか?
・この写真のトリミングの理由は?
デザイナーは全てのデザイン要素に、意味を込めて制作しています。
仮に、すぐ言葉にできなかったとしても、デザイナーはセオリーを持って制作しているはずです。
逆に「なんとなく…」というような答えが返ってきた際には注意が必要。
クライアントとの商談の際に各デザインの意味を説明できなければ、信頼を失うことにもなってしまいます。

4.悪いポイントは正確に指摘する

仮に仕上がってきたデザインがパッとしなかったものだとします。

その理由がデザインによるものなのか、全体の構成にあるものなのかを判断し、軌道修正しなければなりません。

「イマイチだからやり直して」という指示だけではデザイナーも腐ってしまいますので、写真が悪いのか、色が悪いのか、正確に指示しましょう。

問題は全体の構成やコンセプトが悪いことに気付いてしまった場合。

これは当初の設計書が誤っていたことにもなりますので、デザイナーに嫌がられてしまいます。

こうならないためにも、しっかりとコンセプトを固めておかなければなりません。

デザイナーとディレクターが共に成長できるように

以上、デザインディレクションのポイントを挙げてみました。

私もデザインを依頼される側、依頼する側と双方の立場になったことがありますが、上記のポイントを怠ると効果の出ないデザインとなり、クライアントも含め誰も幸せになりません。

意見のぶつかりも生じますが、恐れずにコミュニケーションをとり、日ごろからの信頼関係をお互い築いていくことが必要なのかもしれませんね。

T.K

T.Kデザイナー

投稿者プロフィール

2017年11月入社

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookページ

アドイロのSNS


記事のアーカイブ

ページ上部へ戻る